貨物運送の職

トラックドライバーの仕事の中に、荷物を目的地まで輸送するといったものがあります。そこで、トラックの運転手の求人に応募する際はどんなポイントをチェックするのでしょうか。ここでは、応募する時のポイントを確認してみましょう

旅客輸送の仕事

ドライバーの職務の中には、バスやタクシーの運転といった人を運ぶ仕事も含まれています。当然ながら、人を運ぶので安全運転は必要不可欠です。そこで、旅客を運ぶ仕事ではどんな条件が示されているのかを調べましょう。

免許は持っている?第二種の資格

第二種免許は旅客輸送のために自動車を運転する際に必要な資格です。普段車を運転する際に必要な免許は第一種に区分され、普通車だけでなく中型や大型などの免許があります。第二種も同様に大型や中型、普通免許…

View Details

安全に関係する!労働時間に関して

タクシーは人を送り届ける業務で、ドライバーの安全な運転環境が確保されていなければ交通事故につながり、自分やお客様や会社に多大な損害を与えることになります。その要素として労働時間があげられます。具体…

View Details

送迎ドライバーの求人について

働く時間帯は?シフトは?

夜行バスのドライバーの仕事は勤務時間が不規則になりやすい

旅客運送のドライバーの仕事には様々なものがありますが、バス会社に所属する夜行バスのドライバーは、高収入を得やすいものの、勤務時間が不規則になりやすい傾向が見られます。また、目的地によっては一人で長距離の運転をしたり、連続で勤務を担当したりすることもあるため、運転技術だけでなく人並み以上の体力も必要となります。最近では、安全運行の観点から二人以上の夜行バスの運転士を配置しているバス会社も少なくありません。そうした中、同じバス会社で長期にわたり夜行バスのドライバーとして働きたい人は、数ある会社の中でも定期的に休みがしっかりと取れるところや、勤務シフトの希望が通りやすいところを勤務先に決めることがポイントです。

タクシードライバーの仕事は自分に合った勤務体系を選びやすい

タクシードライバーの仕事は、トラックやバスなどのドライバーと比較して、日勤や夜勤など自分に合った勤務体系を選びやすく、二種免許さえあれば定年退職者や育児中の人も無理なく働くことができます。また、ドライバーの人数が不足しているタクシー会社の中には、一日数時間から働けるシステムを導入しているところもあり、本格的に稼ぎたい人はもちろんのこと、ダブルワークの希望者や家計の足しにしたい主婦の間でも人気が集まっています。なお、タクシードライバーの勤務シフトは、勤務先の事業方針や雇用形態などによって違いが見られます。そのため、各社の求人票を参考にしながら、時間を掛けて自分に向いている働き方を探すことが重要です。