トラックドライバーの一日の運転時間は

トラックドライバーは長い時間トラックを運転しますが、一日の拘束時間は13時間以内と定められています。ですが、13時間続けて運転するわけではなくその都度休憩を取るため、運転時間はさらに短くなります。また、基本的には拘束時間は13時間ですが、場合によっては一日最大16時間までの拘束が可能です。16時間拘束と聞くとかなり長いと感じますが、ドライバーは連続運転が4時間までと定められています。また、拘束時間は運転時間と休憩時間の合計時間ですが、運転時間に関しては2日で平均9時間を超えてはいけません。運転時間の上限が定められており、4時間ごとの休憩ができるため、最初のうちは長距離の運転を負担に感じる人も多いですが、慣れてくると無理なく業務をこなすことができます。

ドライバーの休憩時間の取り方やドライバーのメリット

トラックドライバーは4時間ごとに休憩時間を設けなくてはいけませんが、4時間の運転で30分以上の休憩と定められいます。ですが、4時間の間に休憩時間をこまめにはさむことも可能です。たとえば、2時間ごとに15分の休憩を取ると4時間で合計30分になるため、分割して自由に休憩を取れる点はメリットです。 また、トラックドライバーは仕事中はほとんどひとりで過ごします。長時間ひとりで運転していると睡魔に襲われたり運転に疲労感を感じることもありますが、好きな音楽を聴いたり、気分転換のためにラジオを聞きながら仕事をすることもできるので、一人の時間が苦にならない人にピッタリです。休憩の取り方も4時間の運転で30分以上であればある程度自由に分割して取れるため、慣れれば自分のペースで仕事ができます。

運転手の募集は交通や運送の業界でよく行われています。しかし、他の企業でも送迎ドライバーなどが募集されています。