ドライバーが不足している会社は未経験でも働けることがある

ドライバー求人を選ぶ時には、仕事に必要な資格や運転の実務経験など各社の募集内容を細かく把握して、自分に合う職場を探すことが重要です。たとえば、年間を通して正社員のドライバーが不足している会社の中には、大型免許や二種免許さえあれば未経験でも働けるところもあります。そのため、給料や仕事内容などの面が優れている会社の求人を見つけた際には、積極的に採用担当者にコンタクトを取ることがおすすめです。また、20代から30代前半の若手のドライバーの採用に積極的な会社をはじめとして、就職時に業務に関係する運転免許を取得していない人を対象として、入社後に全額会社負担で教習所に通える制度を採用しているところもあります。

即戦力として役立つ人は就職後すぐに高待遇で働けるケースも多い

運送会社でドライバーとして勤務をした経験が豊富な人は、即戦力として役立つため、就職後すぐに高待遇で働けるケースも少なくありません。また、新人のドライバーの指導ができる人や、運行管理者の資格を持つ人などは、運送会社内の責任のあるポジションに就けることもあります。そうした中、将来的に運送業界で長く活躍したい人は、ドライバー求人の募集内容をチェックして、順調にキャリア形成が出来そうな職場を見極めることがポイントです。なお、仕事上で運転をする車の種類によっては、多少のブランクがある人やシニア世代の人も問題なく採用されることがあります。そのため、労働条件にこだわりながら妥協をせずに職場探しをすることがおすすめです。

運送業の求人票では、以前の求人を変更せずに載せている場合もあります。実際に勤務するときには、条件が違う可能性もあるため、注意が必要です。